Finjia

【他を推薦します】フィンジアサプリのデメリットとは?徹底調査!

内側から育毛をサポートする育毛サプリは、フィンジアからも販売されていますね。

では、フィンジアサプリは効果的なのか?おすすめの育毛サプリなのか?そんな疑問にお答えするべく、検証してみました。

フィンジアサプリの購入を検討している方は、ぜひ参考にして下さい。

フィンジアサプリの成分に注目してその効果をチェック!

フィンジアサプリは32種類の成分が配合されており、その中でも代表的な成分から期待できる効果を検証していきましょう。

ちなみに、ライバルとも言えるイクオスサプリEXは配合成分46種類です。ただ、フィンジアサプリの32種類も育毛サプリの中では多い方ですね。

ノコギリヤシエキス:5αリダクターゼを阻害しAGA対策

ノコギリヤシは、AGAの原因である脱毛ホルモンDHTを作り出してしまう「5αリダクターゼ」を阻害する働きがあります。

この5αリダクターゼを阻害することでDHT生成を抑制し、結果的に抜け毛や薄毛を防ぐ効果が期待できる成分です。

ミレットエキス:毛髪の主成分豊富で髪の栄養補給に期待

ミレットエキスは、髪の毛の材料となるアミノ酸やタンパク質が大量に含まれています。

特に、シスチン(髪の主成分)が豊富であるため、摂取することで髪の毛の栄養を補給する効果が期待できます。

亜鉛:髪の構成成分であるケラチンを合成してくれる

亜鉛は、タンパク質やアミノ酸をケラチン(髪の構成成分)に合成する働きがあります。

アミノ酸やタンパク質を摂取しても、髪以外にも使われてしまうため、亜鉛の働きにより効率よく髪の毛に活かせるのです。

さらに、コラーゲンの合成を助ける役割もあり、潤いのある髪の毛を作り出す効果が期待できるでしょう。

ポリアミン:細胞分裂に必要な物質で髪の成長を助ける

ポリアミンは、体内の細胞分裂に欠かせない物質です。

髪の毛もまた、毛母細胞の分裂で成長するため、細胞分裂に必要なポリアミンを補給することで、髪の成長を助ける効果があります。

大豆イソフラボン:男性ホルモンを抑制しDHTを減らす

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きを持ちます。

そもそもAGAや過剰な皮脂を招くDHT(脱毛ホルモン)が増えるのは、男性ホルモンが原因です。

そこで、女性ホルモンの役割をもつイソフラボンを摂取すると、男性ホルモンを抑制しDHTの減少が期待できます。

豚プラセンタ:成長因子により毛髪を育み頭皮環境を改善

豚プラセンタは、豊富な栄養素と細胞分裂に欠かせない成長因子を含んだエキスです。これを摂取することで、頭皮環境の改善や髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

ちなみに、豚よりも馬プラセンタの方がアミノ酸が豊富でおすすめですが、おそらくコストの面で豚プラセンタを配合しているのかもしれませんね。

フィンジアサプリの気になるデメリットとはなにか?

フィンジアサプリの成分自体は、育毛効果が期待できるものでしたね。

しかし、フィンジアサプリには気になるデメリットがありましたので、ご紹介します。

成分の配合量を公表しておらず効果が出るのか疑問

まず最初に、フィンジアサプリは成分配合量を公表していないため、どれだけの量が配合されているのか分かりません。

なぜ配合量が重要かというと、量が少なくて効果ないのでは?ということになりかねないため!

何より…イクオスサプリEXは配合量を公表している上に、フィンジアサプリの主要成分をほぼ網羅しているのです。

代表成分の違いとして、豚プラセンタの成長因子がありますが、イクオスサプリEXにはガニアシという発毛因子の生成を促す成分が配合されています。

そのため、成分においてフィンジアサプリがリードしているとも言えないでしょう。

フィンジアサプリが配合量を公表しない理由は分かりませんが、ライバル会社よりも配合量が多いなら公表する方が自然な気がしますよね。

結果的に、配合量を公表しているイクオスサプリEXの方が信頼度が高く、フィンジアサプリの配合量非公表な点は大きなデメリットでしょう。

内容量も記載されておらず何mg摂取できるのか不明

フィンジアサプリは配合量も不明ですが、内容量も記載されていない点も気になります。

基本的に、1か月60粒で1日2粒の摂取量とされています。2粒というのも少ないように感じますし、それが何㎎摂取になるのかが分かりません。

摂取量は育毛成分をどれだけ摂れるのか?ということに繋がり、結果的に得られる効果の大きさにも関係してくるはずです。

ちなみにイクオスサプリEXは、1日3粒(1粒350㎎)なため、1日で1050㎎摂取と計算できます。

この点からも、イクオスサプリEXは効果への期待度や信頼度が高く、フィンジアサプリは一歩及ばない印象ですね。

高めの価格設定でコストパフォーマンスが良くない!

次に、購入し続けていく上で重要な価格ですが、フィンジアサプリは高めの値段設定です。そこで、イクオスサプリEXと比較した表がこちら。

フィンジアサプリ イクオスサプリEX
単品 8,900円 7,538円+送料630円
定期コース 6,900円 4,730円
3本セット 22,700円(1本:7,566円) 19,224円(1本:6,400円)
6本セット なし 28,944円(1本:4,824円)

どの購入方法を比較しても、イクオスサプリEXが安いですね。

どちらも最安で購入する方法は定期コースですが、2,170円もイクオスサプリEXが安く購入できるということに。

イクオスサプリEXは十分に有能なサプリですので、圧倒的にコスパが勝っています。このように、フィンジアサプリは価格が高くコスパが良くないのもデメリットでしょう。

フィンジアとのセット販売がなくお得に購入できない

最後にフィンジアサプリは、フィンジアとセット購入できない問題点があります。

公式サイトでは、フィンジアとフィンジアサプリはお互いをサポートする役割があり、相性を考えて作られたと記載されています。

それなのにセット販売されていません…どちらも購入しようとすると、個別で購入することに。

お得な定期コースでそれぞれ購入したとしても、合計で16,880円と正直高いです。ちなみに…イクオスサプリEXは、育毛剤セットで7,538円とかなりお得。

フィンジアサプリとの価格差は、なんと驚きの9,342円!!

セットでお得に購入できるプランはやはり欲しいところですので、フィンジアサプリは残念…今のところ、購入はおすすめではないですね。

まとめ:フィンジアサプリよりイクオスサプリEXがおすすめ

では、フィンジアサプリについて解説してきた内容を振り返りましょう。

まず、フィンジアサプリには代表的な成分が6つありましたね。

これらの成分により、様々な育毛効果に期待できますね。

しかし、フィンジアサプリにはいくつかのデメリットがありました…

フィンジアサプリのデメリット
  • 成分の配合量非公表
  • 内容量の記載がない
  • コストパフォーマンスが悪い
  • フィンジアとのセット販売なし

一方で、イクオスサプリEXは配合量を公表し、育毛剤とのセット販売もあります。

それなら、フィンジアサプリよりもイクオスサプリEXを購入したいですね。結果、今のところフィンジアサプリはおすすめではないかなと…今後に期待しましょう!